RSS | ATOM | SEARCH
写真と語る宮本三郎WORKS

JUGEMテーマ:イベント情報

 

 

作品には、画家の環境やその時々の気持ちが反映され、

色やタッチ、構図に現れます。

 

数々の作品はどのような場所から生みだされ、

題材はどのようにして選ばれたのでしょうか。

 

そして宮本三郎とはどのような人物だったのでしょうか。

 

本展は、

「アトリエでの制作」

「旅先にて」

「様々なモデル」

「舞妓に惹かれて」の4テーマで構成し、

作品を残された写真とともにご紹介します。

垣間見える宮本の素顔を感じていただければ幸いです。
 

◆会場 宮本三郎美術館(小松市小馬出町5番地)
◆会期 12月16日(土曜日)〜3月4日(日曜日)
◆開館時間 9時〜17時(入館は16時30分まで)
◆休館日 年末年始(12月29日〜1月3日)
◆入館料 一般400円、大学生200円 (宮本三郎ふるさと館と共通)
※高校生以下無料※こまつミュージアム・パス対象施設 

※障がい者手帳等お持ちの方と介助者1名は無料

 

◆学芸員によるギャラリートーク 1月20日(土曜日)、2月18日(日曜日)

※いずれも10時〜、14時〜、申込不要

◎展示替えに伴う休館 12月4日(月曜日)〜15日(金曜日)

 

 

宮本三郎美術館

http://www.kcm.gr.jp/miyamotosaburo/

author:NPO法人こまつNPOセンター, category:イベント情報, 09:39
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:39
-, -
Comment